メニュー

クローゼットや押入れにピッタリ収まるオーダーメイド収納棚・ラックならミスターアルマン

トップ  >  利用するシーンで選ぶ  >  寝室・個室  >  部屋の場所を取らないPCキーボード収納デスク

利用するシーンで選ぶ  - 寝室・個室 -

部屋の場所を取らないPCキーボード収納デスク

在宅勤務に慣れ始めた人、在宅勤務をこれから始める人が増えていく中で、新しいデスクの購入を検討している方もいらっしゃると思います。そんな方に向けて今回、ミスターアルマンのテレワークデスクを2台利用したキーボード収納デスクをご紹介いたします。

このキーボード収納デスクは、高さを85~140㎝で選べるミスターアルマン「テレワークデスク ハイデスク」と、高さを60~80㎝から選べる「テレワークデスク ミドルデスク」を利用してつくるデスクです。ハイデスクにはパソコンのモニターを置き、ミドルデスクにキーボード・マウスを置いて使用します。

このキーボード収納デスクには在宅勤務のデスク選びにおける悩みを解決する3つのメリットがあります。

メリット1:使わないときは作業スペースを収納してコンパクトに

仕事をするデスクはなるべく広い方が作業しやすく、効率も上がります。しかし、大きいデスクほど部屋の場所をとってしまいます。しかしいくら作業がしやすくなっても、自分の家・部屋はプライベートの時間を過ごす場所でもあります。奥行きのある大きい机が部屋に飛び出ていると、邪魔だったり掃除が大変になってしまう上に、見栄えも悪くなってしまうのが嫌ですよね…

ミスターアルマンのキーボード収納デスクは、仕事をするときはキーボードを置いているミドルデスクを引き出すことで作業スペースを広く使えて、仕事をしないときはハイデスクの中に収納しておくことで奥行きが1/2のサイズにまとまります。さらミドルデスクに置いておいたキーボード・マウスや資料などがハイデスクの中に隠れるので見た目もかなりスッキリします。

つまり、仕事とプライベート、両方の充実を保つことが出来るのです。

メリット2:オーダーメイドで幅もギリギリまで広く

メリット1では奥行きの作業スペースが広く使えるということについて書かせていただきましたが、それだけではありません。ミスターアルマンは、オーダーメイドで幅を30~180㎝の間から選んでいただくことが出来るので、お部屋のデスクを置きたいスペースに合わせてできるだけ大きな幅でお使いいただけます。

デスクの幅を広くできるということもまた、ディスプレイを増やしたり脇にファイルボックスやタブレットスタンドを置くといった事ができるので、仕事のしやすさに大きくつながります。

メリット3:キーボードの手入れの手間を削減

置いておくとホコリがたまりやすいキーボードですが、そのお手入れはすごく大変ですよね。

100個近くあるキーのキートップ(文字が書いてあるカバー部分)を1つ1つ外したり、専用の道具を使って隙間の汚れを除去したり….

このキーボード収納デスクは、キーボードの乗っているミドルデスクがモニタの乗っているハイデスクに収納されている形になるので、ハイデスクの天板がミドルデスクの屋根となってキーボードにホコリがたまるのを防いでくれます

大変なキーボードの手入れの頻度を大幅に減らすことが出来ます。

サイズの選び方について

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回紹介させていただいたキーボード収納デスクは、ミスターアルマンのテレワークデスク「テレワークデスク ハイデスク」と「テレワークデスク ミドルデスク」の2つを使用しています。

このページの2台のデスクは「高さ85㎝・幅130㎝・奥行き36㎝」と「高さ70㎝・幅120㎝・奥行き36㎝」のサイズにし、高さに15㎝、幅に10㎝の差を設けています。お買い求めの際にはこちらの寸法を参考にしてサイズをお選びください。

掲載商品の仕様

商品名 テレワークデスク ハイデスク
サイズ 横幅寸法:1300mm
奥行寸法:360mm
高さ寸法:850mm
オプション アジャスター
目安販売価格 ¥23,817 目安販売価格はあくまでも参考となる販売価格です。原材料費の変動や割引きイベント等で実際の販売価格と異なる場合がありますので、ご注文ページのお見積り価格をご参照ください。
ご購入ページヘ

カスタマーサポート

商品に関することから、お部屋のコーディネート相談まで
● お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-995-277受付/平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)
  • ※18時以降・休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
  • ※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間をいただくことがございます。