メニュー

クローゼットや押入れにピッタリ収まるオーダーメイド収納棚・ラックならミスターアルマン

トップ  >  Mrアルマンブログ  >  出来る男は収納上手 お買い物のプロセス編

MrアルマンブログMrアルマンブログ

出来る男は収納上手 お買い物のプロセス編

2019.09.26

皆様、こんにちは。
アルミ製オーダーメイド収納棚「ミスター・アルマン」スタッフの小林です。

突然ですが、本ブログを読まれている男性の皆様、買い物はお好きですか?
おそらく嫌いな方はいませんよね。
では、女性と出かけての買い物は好きですか?と聞かれると、う~ん、となってしまうのではないでしょうか?

買い物

買い物の目的は?


欲しいものを手に入れるのは良いけど、それまでの買い物のプロセスについて好きかどうかは考えた事も無いか、特に好きではない、という方が多いのではないでしょうか?
何か買う時は、事前にネットで入念に下調べして、スペックを比較して、一番性能が良くて安いものを買う、というような行動を取っている男性は、私も含め結構いらっしゃるのではないかと思います。

男性

男女の違い


一般に買い物において、男性は欲しいものを入手するのが目的で、それまでのプロセスはあまり重視していない、と言われています。
一方で、女性は買い物に行く時は、誰かとお店に行って色々な商品を見る、という買うまでのプロセス自体を楽しむ事も目的としているのだそうです。
ですので、男女で買い物に行った時によく男性がうんざりしていると言われるのは、そもそも男女の目的にギャップがあることから生じるものなのでしょうね。

女性

無駄な事なんてない


例えば収納家具を買うまでの過程で、中々良いものが見つからない、という事は往々にしてあるものです。
その原因は見た目であったり、サイズであったり、価格であったりと、様々な要因が絡んでいます。
ある夫婦がちょうどいいサイズの収納棚を探し、色々なお店をまわった挙句それでもいいものが見つけられず、最終的に1mm単位でのオーダーメイドが可能なミスターアルマンにたどり着き、これだ!と思って購入して頂けることもあるかもしれません。
その時、男性の方は、今まで買い物に出かけたプロセスを決して無駄な時間だったなどとは思わず、妻はいいものを探し求める過程を楽しんでくれたのだ、と考えることも出来ますよね。

カップル

「出来る男」は共感する


出来る男は男女の違いを理解し、また共感しようと努めるものです。(私自身が中々出来てませんが…)
一緒に買い物に出かけた男性が楽しんでくれれば、女性もうれしいに違いありません。

以上、本日は【出来る男は収納上手 お買い物のプロセス編】について小林がお伝え致しました。
次回の更新も、ぜひご覧ください。

 


―筆者プロフィール―
ミスター・アルマンスタッフ
小林 弘卓(Hirotsuna Kobayashi)
顔写真
1983年生まれ。新潟市出身。
株式会社シンドー 企画開発部所属。
「出来る男」になるべく仕事も育児(4歳と1歳の双子の三姉妹)も奮闘中。


オーダーメイド収納棚「ミスターアルマン」のトップページはこちらから→【クローゼットや押入れにピッタリ収まるオーダーメイド収納棚・ラックならミスターアルマン】

カスタマーサポート

商品に関することから、お部屋のコーディネート相談まで
● お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-995-277受付/平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)
  • ※18時以降・休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
  • ※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間をいただくことがございます。