メニュー

クローゼットや押入れにピッタリ収まるオーダーメイド収納棚・ラックならミスターアルマン

トップ  >  Mrアルマンブログ  >  デキる男のクローゼット活用・前編

MrアルマンブログMrアルマンブログ

デキる男のクローゼット活用・前編

2019.07.25

皆様、こんにちは!
アルミ製オーダーメイド収納ラック「ミスター・アルマン」店長の山口です。

今回のテーマは、ズバリ「デキる男」
これまでもアルマンブログでは「出来る男の効率収納」シリーズなど、
男性の魅力アップについて様々なアイデアを発信してきました!

デキる男の特徴・・・というと色々思い浮かびますが、
まず共通して言えるのは「身だしなみが整っていること」
デキる男 スーツ 腕時計
皆様の中にも、スーツや時計などファッションアイテムにこだわっている人はきっと多いはずです。
ですが…それらを収納するクローゼットに関してはいかがでしょうか…?
せっかくファッションにこだわっていても、収納を疎かにしているようでは今一つキマりません。
見た目からデキる男になりたいのであれば、まずはクローゼット活用を見直しましょう!


クローゼットをきちんと整理する3つのメリット


①身支度が短時間で終わる

朝活 ビジネス
例えば朝、仕事に行くまでの貴重な時間…無駄にしたくありませんよね?
デキる男たるもの、身支度をほんの数分で完了させ、
残りの時間でゆったりと朝食をとったり、一日の段取りを確認して、余裕をもって外出するものです。
それがクローゼットが乱雑なままだと、着たい服がすぐに見つからなかったり、見つかってもシワだらけで着れなかったり…
終いにはイマイチなコーディネートのまま、シャキッとしない一日を過ごすはめになってしまうのです。。
好調な一日のスタートを切るためにも、クローゼットは常に使いやすいように整えておきましょう!

②お気に入りのコーディネートが見つかる

スーツ 男性 おしゃれ
クローゼットの整理が行き届いているという事は、自分がどんな衣類を持っているかきちんと把握できているという事です。
そしてその中でどれを頻繁に着ているか、どのアイテムを組み合わせることが多いのかも自ずとわかってくるでしょう。
・・・デキる男は誰でも、自分を一番カッコよく演出する最強のコーディネートを知っています。
それは何度もクローゼットの中身を見直し、自分に似合う組み合わせを試行錯誤したうえで身に付いたものです。
クローゼットの整理整頓を継続すれば、ファッションセンスに磨きがかかり、中身も自分に似合うアイテムのみで満たされるはずです!

③大切な衣服や小物を長持ちさせられる

革靴 お気に入り 手入れ 長持ち
クローゼットの中身を把握していることで変わるのはファッションセンスだけではありません。
自分の持ち物がきちんと意識できていると、それら一つ一つに向けられる愛着も段違いです。
デキる男が高品質なスーツや靴などを大切に持ち続けられるのもそのためです。
手元にある衣服や小物を把握できず、手当たり次第に新しいアイテムを買ってしまうような人が、決して物を大事にできるとは思えません。
せっかくお気に入りの服を手に入れたのに、手入れをおざなりにしていたらいつの間にかダメになってしまった…なんてことがないよう、
日頃から手持ちの衣服や小物にまでも気配りできるような環境づくりを心掛けましょう!


デキる男はやっている!衣類収納のポイント


さて、以上がクローゼットを整理整頓するメリットになりますが、
「収納の大切さはわかったけど、いざ何をやったらいいかわからない…」と感じられる方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、簡単にクローゼット収納を改善できる2つのポイントをご紹介します。

(1)とにかくハンガーに吊るす!

スーツ 収納 クローゼット ハンガーラック
衣類の収納というと、畳んで箪笥や衣装ケースにしまうところまで、をイメージしがちですが、
その思い込みこそ、衣類収納を面倒くさく感じてしまう原因なのです。
むしろ畳んでケースにしまうことによって衣服が傷みやすくなってしまうというデメリットも潜んでいるのです。
その点、「吊るす収納」は面倒くさい作業をする必要もなく、さらに収納物が一目でわかるというメリットもあります。
ただ、セーターなどはハンガーに掛けることで襟ぐりが伸びてしまうこともあるので注意しましょう。

(2)ルールを決めて分別する

クローゼット オーダー
分別は整理整頓の基本です。でも「ルールを決めて」となると何だか大変そうな気がしますよね。
ですがルールと言ってもそんなに複雑に考える必要はありません。
仕事で着る物か完全にプライベートでの私服か、袖の長さ、色、…といったシンプルな分別・グルーピングで良いのです。
これがある程度できていれば、忙しい朝でもTPOに合わせたコーディネートが簡単に選べます。
それに、乱雑なクローゼットよりもきちんと分別されているクローゼットの方が、ファッションへのモチベーションが断然上がりますよね!

さて、後編では“デキる男”らしいクローゼット活用の実践例を紹介していきます。。
次回の更新もお楽しみに!

「クローゼット収納」についての関連記事はこちら↓↓
【クローゼット整理整頓収納術】
【出来る男は収納上手 クローゼットにリフォーム編】


~~筆者プロフィール~~
ミスター・アルマン店長
山口 望 (Nozomi Yamaguchi)

1992年生まれ、新潟県見附市 出身。
2017年3月に入社し、わずか1年半でミスター・アルマン店長に就任。
「無駄なし・手間なしの効率収納」の提案・発信を目指しつつ、
自分自身もまだまだ理想の収納について勉強中。


“デキる男”をさらに輝かせる
【1㎜単位のオーダーメイド収納 Mr.Aluman(ミスター・アルマン)】

カスタマーサポート

商品に関することから、お部屋のコーディネート相談まで
● お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-995-277受付/平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)
  • ※18時以降・休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
  • ※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間をいただくことがございます。