メニュー

クローゼットや押入れにピッタリ収まるオーダーメイド収納棚・ラックならミスターアルマン

トップ  >  Mrアルマンブログ  >  洗濯機まわりのデッドスペースを作らない!オリジナルランドリーラック

MrアルマンブログMrアルマンブログ

洗濯機まわりのデッドスペースを作らない!オリジナルランドリーラック

2019.06.29

皆様、こんにちは!
アルミ製オーダーメイド収納ラック「ミスター・アルマン」店長の山口です。

今回は洗濯を捗らせる便利アイテム、ランドリーラックのご紹介です。
狭くて使い勝手の悪い洗濯機まわり…でもその上のスペースはがらんと空いてもったいない!
そんなデッドスペースをうまく収納に活かすのがランドリーラックです。
洗剤などの洗濯用品も手元に置けて、使いやすさ抜群な収納アイテムなのですが…問題は、その選び方。
寸法をしっかり測らないと、いざ買ってみたら設置できなかった…ということもあるそうです。
では、理想のランドリーラックはどうやって選べばいいのでしょうか??


ランドリーラック選びで気をつけるべき3つのポイント


①防水パン


防水パンとは、洗濯機の排水が床に漏れるのを防ぐトレーのようなものです。
しかし、ランドリーラックを設置するとなると非常に厄介な存在です。
理想的なのはランドリーラックの脚がすべて防水パンの外側に置かれている状態です。
なので洗濯機のとなりに洗面台などが置かれている場合は、設置できるランドリーラックの幅はかなり制限されてしまいます。

防水パンのサイズが大きめで、外側にラックの脚を置けるスペースがない場合は、4本すべて防水パンの内側に入れてしまう方法もあります。
この場合も洗濯機と防水パンのふちの間にラックの脚が入るスペースがあるか要チェックです。
しかし、ランドリーラックが完全に防水パンに載った状態だと、洗濯機を使うたびに振動がラックに伝わってガタガタ揺れるというデメリットもあります。
そして片方の脚だけ防水パンに載せてもう片方を外側に出して設置するのは、ラックが傾いてしまいさらに危険です。
それだけランドリーラックの幅・奥行の寸法決めは重要なのです。。

②フタの開け閉め

縦型の洗濯機を使っている方で、良く聞くランドリーラックの失敗が「棚板にフタがぶつかって開かない」です。
中には仕方なく下側の棚板を外してしまったというケースもあるそうです。
それではせっかくのランドリーラックの魅力が半減してしまいますよね。
縦型の洗濯機の上にランドリーラックを設置する際は、フタを開けた時の高さを正確に測ってラックを選ぶか、棚板の高さ調節機能があるものを選ぶのがベターです。

③蛇口やホースの位置

フタの開け閉めと同様に、洗濯機につながれているホース・蛇口などもうまく避けなければなりません。
これらもラックにぶつかってしまうと洗濯機を使うたびに振動で揺れてしまうので要注意です。


ランドリーラック選びは面倒くさい…!


このようにランドリーラック選びで失敗しないためには、かなり慎重な採寸が必要になってきます。
最近は高さや幅方向への伸縮機能がある製品も多いので、それほど心配になることはなくなってきたように思います。
ですが・・・やっぱり自宅の洗濯機にぴったり合うラックがあれば一番嬉しいですよね!

※画像クリックで商品詳細ページに移動します。

Mr.Alumanのオーダーメイドラックなら・・・
・高さ・幅が1mm単位でオーダー可能!
洗濯機と洗面台の間のわずかな隙間にすっきり収まるサイズでお作りできます。
・棚板とフレームは5cm刻みで高さ調節可能!枚数(本数)もお好みで選べます。
フタや蛇口にぶつからない、ちょうどよい高さに取り付けできます。
・湿気につよいアルミ製
カビや錆も発生しにくく、衛生的に長く使えます。


サイドのスペースまで活用!上級者向けランドリーラック


欲しいサイズぴったりのラックが作れるMr.Aluman。でも凄いのはそれだけではありません。。

※画像クリックで商品詳細ページに移動します。

こちらの写真では洗濯機の上部だけでなく、横のデッドスペースまでくまなく有効利用しています!
アルマンの強みは細かいサイズ指定だけでなく、そのカスタマイズの幅広さ!!
収納へのこだわりを追求したいという方にうってつけの1台です。

「こんな形のラックが欲しいけど、実際に作れるの?」と気になった貴方、、まずはお気軽にお問い合わせください!
→→お問い合わせはこちら
「そもそも採寸やサイズ選びが心配。。」という方も、ご相談承ります。
皆様にとって“理想”のランドリーラックが見つかることを願っております。。。

アルマンブログでは他にもスペースやシチュエーションに合わせて、様々なオーダーメイドラックの活用術を紹介しています!
次回の更新もお楽しみに!

~~筆者プロフィール~~
ミスター・アルマン店長
山口 望 (Nozomi Yamaguchi)

1992年生まれ、新潟県見附市 出身。
2017年3月に入社し、わずか1年半でミスター・アルマン店長に就任。
「無駄なし・手間なしの効率収納」の提案・発信を目指しつつ、
自分自身もまだまだ理想の収納について勉強中。
~~~~~~~~~~~~

豊かな心は、快適な暮らしから。
快適な暮らしは、理想の収納から。
ミスター・アルマンはオーダーメイド収納を通して心の豊かさをお届けします。

【理想の収納を形にする―1㎜単位のオーダーメイドラック Mr.Aluman(ミスター・アルマン)】

カスタマーサポート

商品に関することから、お部屋のコーディネート相談まで
● お電話でのお問い合わせはこちらから
0120-995-277受付/平日10:00~17:00(12:00~13:00を除く)
  • ※18時以降・休業日のメール受信につきましては、翌営業日に返信させていただきますのでご了承ください。
  • ※お問い合わせの内容により、回答を差し上げるのにお時間をいただくことがございます。